産後の骨盤

産後の骨盤は
どのような状態でしょうか?
出産に向けて
骨盤は関節が緩んでいきます 。
関節といっても
骨盤の関節は動きが少なく
安定していますが
骨盤をとめている靭帯が
脳からの指令により
緩んでくるのです 。
仙腸関節と恥骨結合です 。
この二つの関節が
緩むことで
赤ちゃんはお腹から
出てくることができます 。
産後はしばらく緩んでいますが
徐々に元に戻っていきます 。
仙腸関節は上半身を支える
大事な関節ですが
産後の仙腸関節は
不安定であり
上半身を支える力が
弱い為
上からの影響が
増大します 。
産後のケアは大事ですが
骨盤のケアだけでは
不十分です 。
また大きな力での
アジャストメント
分析なしでの
アジャストメントも
よくありません 。
骨盤ベルトもただ巻けばいい
締め付ければいい
訳ではありません 。
間違った位置を締め付ければ
悪化させてしまいます 。
骨盤を矯正するのではなく
正確な検査 分析に元づき
問題のある箇所を見つけ
施術していくことが
大切なのです 。
{4E03D787-F2EB-4809-AAE9-CB1437C03B27:01}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください