幼年期からのケアが大事

子供の頃のケガがもとで、大人になってからの、不調が起こります。

神経組織は出生後から急速に発育します、
幼年期から中学生ころまでのケガは将来の不調の大きな原因になります。

出産が難産、鉗子分娩、吸引分娩、逆子などで生まれてきた子、

母乳ではなくミルクで育った子

歩くのが早くしりもちをよくついた子

子供なのに肩こり、腰痛がある子

姿勢の悪い子、猫背の子

落ち着きがなく集中できない子

運動が苦手、バランスの悪い子

車酔いの酷い子

アレルギーのある子

おねしょをする子

大きな衝撃のけがをした子(階段から落ちるなど)

このような経験、症状の子は子供の頃からのケアが大事になります。

一度ご連絡ください。

副産物 ②

ある医療機関の方の紹介で来院された方がいます 。

その方は脊椎分離症が有り脊柱管狭窄症でした 。

病院では痛みで歩くのが困難になれば手術しましょうと言われたそうです 。

本人も手術しないとダメなのかと思いはじめていた頃の来院でした 。

施術開始、半年後には稼業の居酒屋で働けるようになりました 。

 

ここまではよくあることですが 治療を続けて一年程後

「 先生 私片方の耳が突発性の難聴でほとんど聞こえなかったのが聞こえるようになりました !」

と これも機能が回復したからですね 。

副産物 ①

長い間 通われている方は
自分の身体に対し
関心が強くなっています 。

ある患者さんは

肩こり腰痛が主訴でしたが
回復後も
メンテナンスのため
定期的に通院されています 。

昨日その患者さんと

会話をしていると
私ゴルフの飛距離が伸びたわ
他には失禁が治ってるのと
お話してくれました 。
治療に通って若返っていると
言われるのです 。
若返ると言っても
人は年々 年老います 。
しかし施術によって
身体の機能が良くなると
若返ったように感じますし
細胞も活性化するので
そのようなことが起こるのです 。

その時 楽になれば

治療に来る方は

なんらかの問題を抱え
来院します 。

痛みや不調を訴え
訴えを解決したくて

来院するのです 。

患者さんの多くは

整骨院やマッサージなどで
一時的に身体を楽にしていました 。
その時楽になれば
いいのでしょうか?

このような

患者さんがいました 。

肩こりを訴え頭痛もあります 。
始めは肩がこるたびに

接骨院やマッサージなどで
肩をほぐしてもらっていました 。
徐々にほぐしてもらう
回数が増え
毎日通うようになりました 。
それでもだんだんひどくなり
家では旦那様に
寝るまでマッサージしてもらい
最後は金づちで肩を叩く日々 。

鍼 整体
カイロプラクティック
ありとあらゆる治療を
受けても受けても
改善されず
しかし その時は楽になるし
気持ちもよかったそうです 。

その場しのぎで楽になっても

身体は悪くなり
症状は悪化し
最終的には
どうしようもなくなるのです 。

検査分析し

何が問題で
その症状が出ているのかを
見極めないと
大変な事になるのです!

治るとは

3年前より

夫婦で来院している

患者さんがいます 。

ご主人は3年間

毎週欠かさず来院しています 。

奥様は三年前に

2カ月程の来院の後
症状が無くなったので
この治療より
マッサージや鍼のほうが
気持ちいいから
と来なくなってしまいました 。
2年程後 ご主人から
また妻に痺れが出てきたから
治療を受けさせたいと言われ
月日が経っていることもあり
ご主人も
施術後の変化を見るため
奥様と2人でレントゲンを
撮りに行っていただきました 。
まずご主人の分析から
以前のレントゲンより
骨量もしっかりし
重心も揃い
左右も整い
以前より5歳程若く観える
レントゲンでした 。

続いて奥さんのレントゲン

見てビックリ!
20歳は年をとったように
重心はずれ
左右も崩れ 骨量も ・・・
2人は同じ歳月を
共にしたはずなのに
何故こんなに
差がでたのでしょう 。

奥さんは

その時 気持ちよくて
治療をしてもらった感がある
ところへ
ご主人は根本を治し
その後はメンテナンスをしかっり
してきました 。

しっかりした

検査分析が大事なのです 。

頚椎

脳が働きだすと

脳は身体を治し始めます。

しかし それだけでは

治りきれない場合が
多くあります 。
それは長い年月
悪い状態でいたため
脳が働きだしても
治りきれない
問題があるのです 。
そこで
次に観なければいけないのが
頚椎になります 。

上部頚椎には

脳の一部が入っており
そこから下には
脊髄神経が通っています 。
脳に次いで
大事な場所といえます 。

また首は細い場所のわりに

大事な脊髄神経や
血管 食道 気管などが
通りとてもデリケートです 。

その細い首で

成人なら5~7kg
ボーリングの球程の重い頭を
支えなければなりせんので
首の負担は相当なものでしょう 。

現代社会では

首の負担は大変多くなります 。

子供の頃から受験勉強や
パソコン 携帯電話など
長時間下向き状態が続き
大人になっても
パソコンなどの
下向き作業が続くでしょう 。

交通事故などによる
むち打ちなども多く
頚椎には過酷な状況です 。

photo:01

顔の歪みは脳のSOS

顔が歪むということは
脳の働きに
何らかの問題が

有ると捉えます 。

脳の働きを

正常な状態にするには
顔の歪みを観て
顔の神経に対し治療し

顔の歪みを治すのです 。

顔の歪みが治れば

脳の働きは正常化され
身体も

正常化されてゆくわけです 。

まず先に

脳が身体を治すように
働きかけるのです 。
photo:01

顔は脳を映す

鏡を見て

顔の傾きや
歪みはありませんか?

証明写真を撮る時
顔をまっすぐにして下さい
と言われたことは
ありませんか?

顔は脳の状態を表します 。

顔を見れば
その人が

嬉しいのか 悲しいのか
怒っているのか
大体 わかりますね?
それは
顔は脳神経が
支配している為
脳の状態が表れるのです。

顔を観れば、
その人の状態が わかります 。

顔の歪みを整えるということは
脳の神経を整える

ということなのです
photo:01

ストレートネック以外にも

ストレートネック以外にも

頸椎には悪い現象が

多々あります 。

 

カイホティックネック

これは頸椎後弯

つまり逆カーブ 。

コンビネーションネック

ストレートネックと

正常頸椎の

コンビネーション 。

二本のカーブからなる

ロードティックネック 。

これらは代表的ですが

ストレートネック以外にも

頚椎には色々問題があります 。

レントゲンを撮り

分析しないとわかりません 。

あなたの頸椎は大丈夫ですか ?

ストレートネック

最近テレビなどで話題の

ストレートネックを

ご存知ですか ?

いわゆるスマホ症候群で

長時間
スマートフォンの操作で
下向き状態が続き
ストレートネックになったと
いうことなのですが ・・・
確かに下向き状態が
長く続くと
首に負担がかかり
元々の悪い部分を
悪化させます 。
しかし それよりも以前に
転んだり
スポーツなどでの衝撃
交通事故 重労働
長時間の悪い姿勢などで
頚椎に問題が
起きているのです 。
ストレートネックは
頚椎の悪い状態の
ひとつであって
ストレートネックを
治すと言うよりも
頚椎に起きている問題を
施術すると
ストレートネックが
正常な頚椎へと
変化するということなのです 。
{BF0CFC94-2559-46C8-B7EE-58EDF34E71F2:01}