幼年期からのケアが大事

子供の頃のケガがもとで、大人になってからの、不調が起こります。

神経組織は出生後から急速に発育します、
幼年期から中学生ころまでのケガは将来の不調の大きな原因になります。

出産が難産、鉗子分娩、吸引分娩、逆子などで生まれてきた子、

母乳ではなくミルクで育った子

歩くのが早くしりもちをよくついた子

子供なのに肩こり、腰痛がある子

姿勢の悪い子、猫背の子

落ち着きがなく集中できない子

運動が苦手、バランスの悪い子

車酔いの酷い子

アレルギーのある子

おねしょをする子

大きな衝撃のけがをした子(階段から落ちるなど)

このような経験、症状の子は子供の頃からのケアが大事になります。

一度ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください